転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1464075352/
1:リサとギャスパール ★:2016/05/24(火) 16:35:52.55 ID:CAP_USER*.net
公立図書館が新刊のベストセラー作品の寄贈を求め、寄贈されたものを貸し出している。そのやり方はおかしいのではないか、などといった声があがった。小説家の万城目学さんは、すべての図書館がこのやり方で本を集めて貸し続けたら「作家は死にます」などとツイートし、議論になっているのだ。

●特定のタイトルを掲載してのリクエストはやりすぎ

万城目さんは2016年5月19日にツイッターで、「図書館の新作の貸し出しについては、寛容であろうと思っています。文化の多様性を支える一翼でありたいからです。でも、これをやられると、やはり心が冷えます。もしも、すべての図書館がこのやり方で本を集め、タダで貸し続けたら、作家は死にます」

とつぶやいた。例としてあげたのが富山県高岡市の市立図書館で、図書館の公式ホームページには「寄贈のお願い」とあり、「予約の多い本です。図書館資料として活用します」と但し書きし、「羊と鋼の森」(宮下奈都著) 、「アンと青春」(坂木司著)、「橋を渡る」(吉田修一著)、「天才」(石原慎太郎著)、「暗幕のゲルニカ」(原田マハ著)、「同じ夢を見ていた」(住野よる著)のほか、「かいけつゾロリ」シリーズ、「ミッケ」シリーズを挙げている。

実は万城目さん、13年にも同じツイートをしている。内容は、「善意でやっているのは分かっているが、タダで仕入れてタダで貸すのはやめてほしい。市民はよろこぶだろうが」としたうえで、「それは偽りの正しさで、本当に正しいのは『待てない方は御自分で購入を』と言うことです」などと要望している。

高岡のように新刊の寄贈を利用者にお願いしている図書館は全国にあるようで、大阪府羽曳野市の市立図書館でも、「リクエストお待たせ情報」ページに「順番が回ってくるまでに数ヶ月かかることがあります」と但し書きし、「これらの本をお持ちの方で、ご不要のものがありましたら、図書館まで寄贈していただけると幸いです」と告知している。

http://www.j-cast.com/2016/05/24267633.html

1_1


6:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:38:39.31 ID:3L7L8nkz0.net
半年は入れないとかそういうルールを作る時期かも



7:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:39:18.70 ID:ZSqZMNvb0.net
ブックオフもそうだけど、せめて発売後2ヶ月は自重しろって思う。



191:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 17:06:28.25 ID:9rA2DZyR0.net
>>7
ブコフはそれでも良いな、てかその位はするべき
図書館は黙っててもその位先じゃね?



8:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:39:37.57 ID:8zcLU5Aq0.net
今やソフトで儲けるのは無理な時代なんだよ



10:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:40:26.22 ID:yWQkCmv10.net
座り読みできる書店の方が問題だろ



176:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 17:04:19.75 ID:WwwwhpH40.net
>>10
そうだよ
手垢のついた本なんて誰が定価で買うか



11:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:40:30.36 ID:dWkwyDAN0.net
「読む機会が皆無よりはましかと。おもしろくて書籍が予約で一杯だったら買う人も出てくるでしょう。そんな書籍をめざすべきでは。


こういう奴は死ねばいいと思う



14:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:41:13.35 ID:DSoFrYyQ0.net
新刊読みたきゃ買え。
旬が過ぎたら図書館へ。でないと作家も本屋も潰れるよ

人気の本は予約しても半年待ちザラだから、図書館使うのやめた。



15:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:41:30.94 ID:vFDGMaXc0.net
売れない本ばかり書いていないで
働いたらどうでしょうか?



18:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:42:12.97 ID:A0RR+X1Z0.net
ベストセラー作品なら死ぬことないだろ



20:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:42:26.24 ID:ZSqZMNvb0.net
俺漫画家だけどね、漫画家は最初の一週間の売上でその後の展開が決まるの。
だから発売当日にアマゾンで中古本が出るとかブックオフで売ってるとか、マジで自重して欲しいのだわ。



125:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:58:20.15 ID:Kw+ifQ1e0.net
>>20
マンガはコミックスが印刷された時点で漫画家に印税が支払われるんだぜ
漫画家の常識な
よってお前はなりすましのクソ野郎



138:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 17:00:11.32 ID:ZSqZMNvb0.net
>>125
「その後の展開」が何故印税の話になるのか?w



142:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 17:01:01.03 ID:PGz0PNb50.net
>>125
重刷のが印税が高いんだよ
初版で終了なら金にならん



22:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:42:57.87 ID:4Smj2Igk0.net
もはや知の集積としての図書館の役割は終わっているのでは



81:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:52:02.23 ID:Hy8qdLN60.net
>>22
小説なんかはいらないよね



23:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:43:26.25 ID:342rOGq50.net
図書館に入る本なんてせいぜい一自治体に一冊。ましてや新刊ならファンは一日でも早く読みたいだろうから貸出の順番なんか待たない。
つまり客観的に見てお前の本が売れないのは図書館のせいではない。



25:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:43:29.43 ID:W9nxtygm0.net
売れるような作品を書け
作家だろ?



28:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:43:48.14 ID:Ehq3HUeq0.net
図書館で貸出しされても買う人は買うし、買わないやつらは絶対に買わない
それに作品の批評にうるさい連中ほど、自分の金では読んでいないだろうしな
世の中、お前ら作家が考えている以上に乞食は多いんだぞ



30:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:43:54.77 ID:34LY7Dtf0.net
もう図書館は廃止しないと作家や出版社が食っていけないだろ
あるいは低所得者だけが利用できるにするとかした方がいいだろ



39:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:46:03.72 ID:KdDIS9860.net
そもそも小説家とか食える職種じゃないだろ



45:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:46:59.65 ID:hwD8R60p0.net
金が回らなくなった産業がどう没落していくかは
21世紀あっちこっちで見たじゃないすか。
小説ももうすでにその仲間に入っちゃってるよねえ



47:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:47:55.40 ID:fQot9eVI0.net
もう本という媒体を通して売るの限界が来てるんじゃないの?
本そのものに価値があるのではなく、中身のデータに価値があるんでしょ。

CDと一緒でそのうちニッチ市場になりそうだな



44:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:46:35.42 ID:IK6JTDwa0.net
中古でも何パーセントか原作者に還元できるシステムを構築できればいいのに



52:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:48:21.64 ID:OybMUl270.net
小部数しか売れない本は図書館が買ってくれるかどうかで部数が決まるそうで
その図書館が金ださないんじゃ死活問題だわな



61:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:49:45.53 ID:yHwWSpdS0.net
>「全く影響がない、とは言えないかもしれませんが、あったとしても極めて微々たるものだと思います」

まさにこれ。
図書館で借りる人は、そんなに多くは無い。

図書館で新刊貸出が影響あるなんて、言いがかりレベル。
神経質ですな。



68:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:50:40.70 ID:8CotN99b0.net
図書館で済ませる本は
金を出す気が最初から毛頭ない本



90:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:53:30.03 ID:kWA8DP1h0.net
借りるやつはすぐ読みたい派じゃないわけだから1年後でもいいんじゃね
話題の本をすぐ読みたい!無料で!っていう層に配慮する必要はないでしょ



97:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:54:23.43 ID:Yokcilh60.net
たしかにタダで借りれるってすごいシステムだと思うけど
それを商売にしている人にとったらたまったもんじゃないだろうなあ



98:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:54:38.93 ID:fXnro5y70.net
つか作家自体が多すぎる気がする。
デカい本屋行ったら腐るほどいることを痛感するもんな。
しかも音楽と同じでコンテンツは日々蓄積してくし。



107:名無しさん@1周年:2016/05/24(火) 16:55:57.03 ID:19t2MrvV0.net
小説を『物理的な本』で買ってもらってというビジネスモデル自体がすでに破綻してるだろ
小説を置くような本屋自体が絶滅危惧種になってる現実を直視しろよ