転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411866275/
1: レインメーカー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:04:35.90 ID:EPHsFM7o0.net
孫楊選手による「君が代」批判発言は、原文では「難聴(ナンティン)」。「難」の後に動詞を続ける言い方で「するのが難しい」、「しづらい」、「すると不快感を感じる」ことを意味する。「難聴」は「耳ざわり」、「聞く堪えない」ほどの強いニュアンスというよりも「聞くと嫌な感じになる」程度の表現だ。同様の表現に「難喫(食べるとよい味わいでない=まずい)」、「難看(見栄えが悪い)」などがある。

871ecdec.jpg


孫楊選手が「君が代」を「難聴」と感じたとすれば、「君が代」のメロディーが耳慣れた西洋由来の旋律ではなく、雅楽の旋法(使用音の組み合わせによるメロディーの様式)を用いていることが原因と考えてよい。

日本の雅楽はおおむね、唐時代の中国が(場合によっては朝鮮から)日本に伝えられた音楽だ(旋律など一部で日本化した部分もある)。日本の雅楽はもともとは、中国では燕楽などと呼ばれる、上流階級が楽しむ「サロン・ミュージック」のような音楽だった(古代中国の「雅楽」は儀式音楽であり、日本の「雅楽」とは異なる)。

君が代には、雅楽の中でも「壱越調」という旋法が用いられている。西洋式の階名で言えば「レ」で終止するメロディーで、「ド」または「ラ」で終止する標準的な西洋音楽とは雰囲気がなかり違う。このため、雅楽などに疎くなった現代人の耳には、君が代のメロディーが奇妙に響いても不思議ではない。

なお、「壱越調」をはじめとする雅楽の「旋法」は、中国の伝統音楽理論には見当たらない。そのため、唐代に流行した西域音楽の様式が、日本に持ち込まれ、日本では残ったが中国では忘れられてしまったとの見方がある。雅楽の流れを受け継ぐ「君が代」は、音楽面から見て、古くからアジア大陸の文化を吸収・消化し、場合によっては新たな工夫をつけ加え、自らの文化財産として大切に扱ってきた日本文化の特徴を、見事に象徴していると言える。


スポンサーリンク


2: レインメーカー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:05:05.72 ID:EPHsFM7o0.net
日本以外では、アジア・アフリカなどの国の国歌はほとんど例外なく、西洋風の音楽だ。国のシンボルとしての価値は別にして、純粋に音楽的にみれば、西洋音楽の手法を使いこなしていない場合ある。独立や革命期など、近代国家としての黎明期の作品が多いことが原因と考えられる。

具体的には、使用音が単調な場合がある。西洋音楽では旋律及び和音をトニック(T)、ドミナント(D)、サブドミナント(S)に分類するが、アジアなどの音楽には「S」の用法がなかったため、西洋音楽を導入した初期の作品では「S」を使いこなせていない曲がみられる。

日本では明治初期から多くの作曲家が、日本風のメロディーに西洋風の和音のT、D、Sをバランスよく加える技法を研究した。山田耕作に至り、日本人は西洋音楽の手法を完全に自らのものにしたと言える。現在では、流行音楽である演歌、歌謡曲、さらにJ-POPSに至るまで、日本の音楽創造は明治時代からの先人の恩恵を大きく受けている。音楽文化の形成において日本人は、雅楽の導入期にも近代以降も、「外来のすばらしいものは尊敬して取り入れ、自分たちが努力して研究した成果を付けくわえていく」というパターンを実践している。(編集担当:如月隼人)

http://news.livedoor.com/article/detail/9293807/


▽関連スレ
【アジア大会】中国選手「日本の国歌は耳障りだ」



117: リバースネックブリーカー(庭)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 11:14:57.33 ID:pCls99wt0.net
よくこんなくだらない記事が書けたな
支那人が思想的に日本国が嫌いなだけだろ




4: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:06:50.03 ID:rbfHBPuT0.net
単純に洗脳教育うけた馬鹿の「日本の歌だから嫌いだ」を難しく考えすぎ



7: ビッグブーツ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:09:02.51 ID:wBROGV+v0.net
>孫楊選手が「君が代」を「難聴」と感じたとすれば、「君が代」のメロディーが耳慣れた西洋由来の旋律ではなく、雅楽の旋法(使用音の組み合わせによるメロディーの様式)を用いていることが原因と考えてよい。

ちげーよ、原因はただの反日感情。それだけだ。
バカサヨが君が代嫌うのといっしょ。




116: 閃光妖術(庭)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 11:12:46.66 ID:NtlFWjVS0.net
>>7
遠回しに今の中国人は伝統を破壊して西洋に被れたから難聴なんだろプゲラと言っている




8: ドラゴンスープレックス(福島県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:09:22.39 ID:BRRR0C0E0.net
斜め読みで
古代中国の音楽を中国()が理解できない
って皮肉?w




21: スリーパーホールド(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:14:02.37 ID:TJ3lDkri0.net
唐時代の文化を全然継承していないからね中国。
前の統治を全否定・・なんて繰り返してるから、下衆で野蛮な国になってもーた。




14: ジャーマンスープレックス(庭)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:10:22.58 ID:lB4LA5Ey0.net
君が代って西洋人が作曲したんじゃん



29: クロイツラス(茨城県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:16:39.63 ID:eQHTAO+30.net
>>14
和声をつけたのがエッケルトで、メロディーは元からあった。

他国の殆どが行進曲風って事は、戦前戦中に流行った曲って事。
それだけ日本は歴史が長いって事で、これは誇れる事だと思った方が良い。




22: リキラリアット(庭)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:14:11.88 ID:xlFSJZ7T0.net
このアホ丸出しの記事を鵜呑みにしたら作曲者の一人のフランツ・エッケルトの立場なくね?



36: ときめきメモリアル(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:21:26.14 ID:sOoBUgef0.net
国歌は普遍的なものだろ
今の価値観で評価するのは構わないけど、それになにか意味あるの?




49: ファルコンアロー(佐賀県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:29:55.95 ID:nDakV/HN0.net
元々は中国の音楽を真似したもんなのに
それを知らずに馬鹿にした中国人がアホってことだろ




50: エクスプロイダー(岐阜県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:30:32.38 ID:cFwyan2X0.net
他国の国歌は軍歌として作詞作曲された物がほとんど
これは外交儀礼の場で軍楽隊が演奏する事を最優先しているため
一方日本は、江戸時代までそのような習慣が無かったため
明治政府樹立時に外交儀礼の場で演奏する曲が無かった
これは外交上失礼なことに当たると、大慌てで国家を公募する事になった
君が代は、歌詞が平安時代に詠まれた和歌(恋歌)だった物が
明治時代では祝言歌として祝い事の席で親しまれていた
この庶民的な詩に、当初しイギリス公使館護衛隊歩兵大隊の
軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンが洋風の曲を作曲したが
英国風の曲調が当時の日本人には受けが悪かった
そこで宮内省式部職雅樂課の伶人奥好義がつけた旋律を元に
一等伶人の林廣守が編曲、それをドイツ人の音楽家であり
海軍軍楽教師フランツ・エッケルトが西洋風和声を付けて今の形となった
他国の国歌と違い、君が代は多くの人の手によって創られているのだ




71: スリーパーホールド(dion軍)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:43:11.27 ID:wbGyafKi0.net
君が代は天皇支配の軍国主義のうんちゃらかんちゃらってすりこみしてくる左翼教師のせいで、
洗脳が解けたあともスポーツとか公共行事以外で君が代を聞くと一瞬身構えてしまう奴は多いんじゃないか?




92: エクスプロイダー(岐阜県)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 10:50:16.40 ID:cFwyan2X0.net
>現代人の耳には、君が代のメロディーが奇妙に響いても不思議ではない
 
 フェントン : 英国歌風の曲を付ける
 伶人奥好義 : フェントンの曲を参考に雅楽風の曲を作る
 林廣守 : 西洋楽器で演奏しやすいように編曲
 エッケルト : 西洋風の和音を付けてさらに編曲

こんだけ弄ってりゃ、そら不思議曲調にもなるわ、当然、当たり前、常識常識
難しく考えすぎると逆におかしな論調になるぞ




スポンサーリンク