転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1412396627/
1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:23:47.82 ID:???0.net
現在、夜の都市部は街頭で照らされています。そしてある考古学者によれば、古代エジプトの時代も同様に電気による照明があったのではないかと主張しています。

例えばそのひとつの証拠として広く知られるものに、大きな電球型のオブジェクトが彫られた壁画彫刻があります。

エジプトのハトホル神殿にて描かれたデバイスはまさに電球のようなソケットとフィラメントを持っています。

753a7588.jpg



では電球があったとして、電力はどうしていたのでしょうか? 中東のバグダッドで発見された2000年前の遺物の中に、その発電方法の一端が見つかっています。アーティファクトとして知られるバクダッド・バッテリーです。

a7f8bc00.jpg


粘土で出来た瓶の中に銅と鉄の棒が入っており、瓶は酸性溶液で満たされていたと考えられています。レプリカによる実験では、およそ1.1vの電圧を発生させることが可能であったとのことです。

これ以外にも別の仮説があります。エジプトの大ピラミッドは巨大な発電施設であったというのです。研究者のクリストファー・ダン氏によればピラミッドは花崗岩や石英で構成されています。これらは圧力や振動により電気を生み出す能力を持っていることは科学の常識であり、事実、多くの電化製品に応用されています。

ダンさんは地球の発する低周波振動によりピラミッドは圧力を受けて発電するといいます。「ピラミッドはこの周波数に共振するように正確に設計、調整されているのです。」

http://www.theepochtimes.com/n3/996220-ancient-egypt-illuminated-by-electricity/



11: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:27:05.51 ID:EpYfGyN70.net
描かれたものの実物を見つけてから言ってくれ



12: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:27:11.92 ID:w5spmD760.net
主張するのは勝手だけど記事にするな



14: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:28:01.39 ID:M/z0+ZHw0.net
エジプト文明って謎すぎるよな
どう考えても高度な文明を持った宇宙人が絡んでるとしか思えん




138: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:38:18.39 ID:x6APVBG1i.net
>>14
今度な文明なのに壁画っておかしくないか?w




19: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:29:44.98 ID:Gx5qBpn80.net
あれだけ天文学が発達してれば物理学が発達しててもおかしくないわな



16: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:28:09.17 ID:+ZKneE/50.net
バグダッド電池は簡単な鍍金処理に使われたとか



28: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:32:58.16 ID:NR0V3OwT0.net
ムーとかでよく出てくる定番のネタだよなこれ



34: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:34:57.07 ID:RQ5y4UTE0.net
まあさすがにこの話は飛躍し過ぎだが
2000年前の古代ローマ帝国にはコンクリートやセメントがあり
それを使った建物が多くあり窓にはサッシュまであり
そこにはペアガラスがはめ込まれていたというドキュメント番組を見て驚いた。




39: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:37:28.72 ID:es4JNw6c0.net
>>34
今のコンクリートとは違うらしいけどな




57: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:44:05.25 ID:YJdo4QvNi.net
>>39
ローマン・コンクリートは鉄筋とか入っていない分厚みは増すが、高耐久性を持ってるらしいな
実際今でも当時の建造物が普通に使われてるしな




75: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:51:33.73 ID:bQAuGjm70.net
>>34
古代コンクリートの寿命は数千年
今の建築用コンクリートの寿命は50年
成分がまるで違うけどな

古代コンクリート
   ジオポリマー反応によって結合してケイ酸ポリマーを形成する

今のコンクリート(ポルトランドセメント)
   アルカリ性になる化学反応によって結合




36: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:36:35.78 ID:zJsZf4iA0.net
greek fire「ギリシャの火」と言われる古代の兵器は
秘密厳守しすぎてその技術が失われてしまった。
これは古代の火炎放射器。

ダマスカス鋼の模様や、さながら形状記憶合金と同じ作用をする兵馬俑の青銅の剣とか、
今では作れない技術はたくさんあります。
ギザのピラミッドがヘロドトスが言うように20年で作れるものなら作ってみろと。

ヘロドトスにこだわらず、現地の伝承や旅行記をみれば
特にイブンバツータによればピラミッドははるか昔にそこにすでにあったそうだ。
ヘロドトスの伝聞に執着するからわからないだけだ




44: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:38:23.46 ID:sHDJ0pBZ0.net
古代のマヤの壁画に宇宙飛行士が描かれてるって噂があったけど、
専門家の意見ではそれはジャガーだってことだったw




49: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:39:22.27 ID:yqu9kgXX0.net
あー…バカバカしい。
本当にそんな技術が当時からあったなら、他国に伝播していて
必ずどこかしらの文献に記述が出てくるはずだわ。
そんな話題がどこの文献にも出てこないと言うことは、
そんなものは当時存在しなかったということなのだ。




59: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:44:37.82 ID:zJsZf4iA0.net
>>49
多くの技術は神官の独占。
パピルスを用いた書記でさえ17年の年月を要する。
他言は無用。
なので広まらないし逸失される。

ピラミッドは西暦に近づくにしたがって、小さくなりみみちっくなる。
マヤの金銀細工も、貴族階級独占の知識。
しかし、マヤは鉄がゴロゴロあるのに見向きもしなかったのも謎である。




62: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:45:29.33 ID:WXlXli6Q0.net
エボルタなどニッケル水素などの充電池、
研究者達があらゆる電極材料を試し、構造を研究し、技術の粋を集めても
乾電池の標準規格である1.5Vに到達する事は出来ず、
かろうじてギリギリ機器が動作する1.2Vを達成して喜んでいるというのに。

2000年前に銅と鉄で1.1V?
出るか、ボケ。




67: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:48:12.34 ID:8OlXW7PT0.net
アンティキティラ島の機械は紀元前2世紀ごろに作られたそうだから、電球くらいで驚くな



73: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:50:57.48 ID:YJdo4QvNi.net
>>67
あれはやばいな
高度な天文学と数学、職人的加工技術の集大成




113: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:14:52.73 ID:QqF6v62h0.net
人間の科学知識がある程度に達すると

地球が脅威とみなし、文明リセットしてきたのかも。




117: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:16:26.22 ID:CumHp++k0.net
>>113
たとえば木を伐りすぎたり、そのせいで干魃になったり、天災が起きたり、
微妙なバランスの上になりたってた大都市が放棄されて
文明が跡形も無くなるってのは沢山あったから




82: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:54:29.02 ID:1rnpfOlS0.net
信じるかどうかは別にして夢やロマンは大事よね



83: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:54:32.38 ID:vDphOStE0.net
電気、電球が存在したなら
アブシンベル神殿の仕掛けは無価値になっちゃうんだが。




85: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:55:11.09 ID:fV67G6Si0.net
蛇にしか見えん。



182: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 15:01:26.77 ID:dFNksTRi0.net
エジプトの電球は植物
バグダッドの電池は古文書を巻物にして坪にいれた埋葬品
とっくに答え出てる




86: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:56:10.42 ID:Clx7DH5O0.net
ピラミッドの中や王家の谷の地下に数百メートルも続く通路の奥の
墓室とかで作業したり壁画を描いたりする時にどうやって照明していたのかな?
松明などの物を燃やす照明ではないんだよな
壁にもどこにもまったく煤などが付いていないのだから




93: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 13:59:23.63 ID:YJdo4QvNi.net
>>86
壁画描いた後に組み込んだんじゃね?




97: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:03:26.85 ID:5Rc9683R0.net
>>86
王家の谷は知らんけど
ピラミッドって下から順々に造ってるだろ?
屋根になって上を塞ぐ石組みが出来上がる前に彩色したんじゃねえの?
そもそも全部組んだ後に内部の仕上げってボトルシップかよw




133: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:30:15.76 ID:V+EJfiDa0.net
ピラミッドに書かれたオブジェクトが証拠っておかしいだろ。

仮に現在の日本が滅びたとしよう。
数百年後に残されたジャンプの切れ端を未来人が読んで...

未来人「昔の日本人って人種は手と足をゴムのように伸ばすことが可能だった。それがその証拠だ!」

これと一緒でしょ?




137: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:37:28.87 ID:V+EJfiDa0.net
ピラミッドの壁画彫刻ってのは...

・未来予想図
・現代で言う漫画、小説的な物
・「俺達はこんな発展した文明を持ってるんだぞ」と敵に対する見栄、脅し

色々な説がある。
俺は単なる漫画的な娯楽だと思ってる。壁画に書いてあるから実際にあったんだとかバカでしょ。




179: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:57:31.80 ID:XLS9kLH80.net
1000年後の馬鹿が、俺らが読んでるSF小説を見て
「タイムマシンは存在した!古代に時間を逆行する技術がある!」とか喚いてるようなもんか




スポンサーリンク